Gondola-NET | 物流システム、自動倉庫の受託開発・保守業務など|株式会社IPR

Gondola-NET

概要

Gondola-Netは、インターネット経由のデータベースアクセスを、カプセル化したデータベースアクセス用ミドルウエア(クラスライブラリ)です。
クライアント側クラスライブラリとサーバ側プロセスから構成され、クライアント側はハンディーターミナル(以下、HTと称します)等の上で動作するアプリケーションからDLL経由による関数呼び出しを行い、サーバ側プロセスはインターネット上に公開されたサーバに常駐することで、クライアントからの要求を処理します。
(以下、クライアント側クラスライブラリを「Gondola-NetLib」、サーバ上に常駐するプロセスを「Gondola-NetServer」と称します)

Gondola-NET

仕様

Gondola-NetServerの動作環境

Windows Server 2003/2008(32bit/64bit)
Microsoft .NET Framework 2.0以降

対応データベース

Microsoft SQL Server 2000/2005/2008, Oracle 9i/10g/11g, MySQL
※データベース毎に別製品(SQL Server版、Oracle版、MySQL版)となります。

対応開発環境

Microsoft Windows Xp/Vista/7
Microsoft Visual Studio 2005/2008のスマートデバイス開発環境

Gondola-Net.DLLの動作環境

Microsoft Windows CE 5.0、Microsoft Windows Embedded CE(6.0)
Microsoft .NET Compact Framework 2.0

データベース接続

Gondola-NetLibオブジェクトの1インスタンス当たり、8接続まで可能

クライアント(HT等)接続数

ご契約数により、128台まで可能

Gondola-NetManagerの動作環境

Microsoft Windows Xp/Vista/7
Microsoft .NET Framework 2.0以降

ミドルウェア構成

特徴

Gondola-NetLibは、Microsoft Visual Basic(以下、VB)、Microsoft Visual C#(以下、C#)における、スマートデバイス開発にて使用可能なクラスライブラリです。(Microsoft Visual Studio 2005/2008対応)

Gondola-NetLibとGondola-NetServerは独自の暗号化による通信を行います。

Gondola-NetLibではGondola-NetServerへのアクセスを、Open、Close、Execute等のメソッドにて行います。SQL文はExecuteメソッドへのパラメータとして渡します。

Executeメソッドに渡すSQL文は、使用するデータベースに透過的に送信されます。

Gondola-NetLibにて作成されたインスタンス毎にGondola-NetServerにアクセスするための認証設定(ユーザ名、パスワードによる)が可能です。

添付される保守用ソフト(以下Gondola-NetManagerと称します)により、Gondola-NetServerの使用状況のモニタリング、データベース接続情報の編集、ユーザの保守等を行う事が出来ます。

Gondola-NetServerからの応答時間は平均0.5秒程度です。(ハードウエアの性能、およびネットワーク速度に依存します)

HTTPプロトコルは使用していませんので、サーバ側にWEBサーバは必要ありません。

メリット

通信伝文は暗号化されているため、VPNやSSLの必要もなく、セキュリティーに関わる運用コストを削減することが出来ます。

VBやC#による、簡潔なプログラミングスタイルでの記述が可能な為、データベースアクセスが容易となります。

上記言語によるフォームアプリケーションでの使用が可能です。

Webや暗号化等の特別な知識を必要としないため、プログラマーは本来のロジックの実装に専念できます。

よくあるご質問(Q&A)

GondolaNet(ゴンドラネット)に対するご質問をまとめたコーナーです。
ここに無いご質問・詳細についてはお問合せ下さい。

サーバーとハンディーターミナル(以下HTと表記)間の問合せ
サーバーとHT間の通信は何ですか?HTTPですか?
ソケットを使用した、独自暗号化による通信です。
ルーターを経由する場合には、本ライブラリ用に1ポート開けて頂く必要があります。
ポート番号は任意の値が使用可能です。
Gondola-NetServerに対してHTは何台まで接続可能ですか?
最大128台までのご契約が可能です。
但し、1台当たりのデータベース接続は、仕様上8接続まで許可しておりますので、契約台数が32台を超える場合は、接続数に空きが生じるまで接続出来ない場合があります。
レスポンス時間はどの位ですか、又それは保証されますか?
運用に使用する回線の速度に依存します。
ベストエフォートが謳われている回線の場合は、混み具合により速度は低下します。
運用に関する問合せ
USBドングルを紛失したのですが代替は有償ですか?
USBドングルのみの販売は行っておりませんので、必要なライセンスを再度ご購入頂く事になります。
サーバー1台で別々な拠点(複数の運用場所)で使用できますか?
Gondola-NetServerは多重起動出来ませんので、単一のデータベースにて全ての情報を管理する仕様であれば可能です。
USBドングルは何のために使用していますか?
契約上のクライアント数のチェックを行う為に使用しています。
運用中にUSBドングルを外したらどうなりますか?
クライアントからの要求は全て受け付けられなくなりますので、外さないでください。
技術的なご質問
SQLサーバ、オラクル等、データベースの違いにより、ライブラリの使用方法は変わりますか?
ライブラリそのものには使い方に違いはありません。
但し、SQL文はそのままデータベースに渡されますので、対象となるデータベースにあったSQL文を使用する必要があります。
Gondola-NetServerは複数起動できますか?
できません。
データベースサーバ内部に複数のデータベースインスタンスを構築し、必要に応じてデータベース接続先を切り替える運用は可能ですか?
同一インスタンスに含まれるデータベースへの接続であれば、SQL文にてテーブル名の前にデータベース名を指定する事で可能となりますが、別インスタンスのデータベースへの接続は保証しておりません。
HT(運用機)へのライブラリのインストールはどのように行えば宜しいですか?
開発後のアプリケーションをHTに転送する際、アプリケーションと同一のフォルダにDLLを転送して頂く必要があります。
ライブラリのみの転送は製品添付のユーティリティでも可能です。
Gondola-NetServerとデータベースの間の通信は何ですか?
Microsoft .Net OleDbProviderを使用しています。
サーバへのデータベースクライアントのインストールは行う必要はありますか?
SQLSERVER、ORACLE、MySQL共、各データベース添付のクライアントソフトは、基本的にインストールする必要があります。
但し、.NET Frameworkにクライアント機能が含まれている場合は不要です。

資料ダウンロード

プレゼン資料チラシ

新着情報/お知らせ

製品情報
蔵PACK
Gondola-NET
IPR-430RTOS
CPU

実績紹介

株式会社IPR

会社案内
お問い合わせ

当社へのご依頼やその他お問い合わせは、お気軽にご連絡ください。

カタログ及びその他資料のダウンロードには、
IDとパスワードの入力が必要となります。
お問い合わせフォーム、またはお電話にて承ります。
電話でのお問い合わせ
TEL: 042-512-5327
メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

PAGETOP
© 株式会社IPR ALL RIGHT RESERVED.